【金鯱賞展望】菊花賞馬ドゥレッツァが大目標の天皇賞・春を目指し始動

金鯱賞の登録馬。※騎手は想定
金鯱賞の登録馬。※騎手は想定

 第60回金鯱賞・G2が10日、中京の芝2000メートルで行われる。

 昨年の菊花賞を変幻自在の競馬で制したドゥレッツァ(牡4歳、美浦・尾関知人厩舎)が大目標の天皇賞・春を視野にここで始動する。現在5連勝中で新潟の日本海Sなど、そのうち3勝が左回りの2000、2200メートル。59キロを克服し、24年の好スタートを切る。

 昨年の勝ち馬で香港カップ5着以来のプログノーシス(牡6歳、栗東・中内田充正厩舎)は天皇賞・秋3着があり、実績、能力とも上位の存在。ここを勝って今シーズンの飛躍につなげたい一戦。

 毎日杯2着、新潟記念1着のノッキングポイント(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)の適正はやはり中距離。菊花賞15着は致し方ない結果だ。距離合うここで巻き返しも。

 日経新春杯を差し切ったヨーホーレイク(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)、中日新聞杯1着、2着のヤマニンサルバム(牡5歳、栗東・中村直也厩舎)、ハヤヤッコ(牡8歳、美浦・国枝栄厩舎)など中京実績のある馬たちも楽しみな存在。(大上 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。