【桜花賞】アスコリピチェーノが阪神JFから直行で無敗の桜女王へ 栗東滞在で万全調整

史上9頭目の無敗Vを狙うアスコリピチェーノ
史上9頭目の無敗Vを狙うアスコリピチェーノ

◆第84回桜花賞・G1(4月7日、阪神競馬場・芝1600メートル)

 今週はいよいよ牝馬クラシック第1戦、第84回桜花賞(7日、阪神・芝1600メートル)。最優秀2歳牝馬のアスコリピチェーノはデビュー3連勝で制した阪神JFから直行し、史上9頭目となる無敗での桜の女王を目指す。阪神JFの2着ステレンボッシュ、3着コラソンビートまでいずれも関東馬。3頭は早くも栗東トレセン入りし、万全の調整を続けている。

 3戦無敗で阪神JFを制覇したアスコリピチェーノが、前走同様の栗東滞在で牝馬クラシック1冠目に挑む。史上9頭目の無敗V、阪神JFから連勝となればソダシ、リバティアイランドに続く史上3頭目の偉業となる。

 「早い時期から活躍できると思っていた」。黒岩調教師の見立て通りに、6月に新馬戦を勝ち上がると、2か月後の新潟2歳Sで重賞タイトルを獲得。そこから直行で挑んだ阪神JFでも3戦連続で上がり33秒台の末脚を発揮し、2歳女王の座を射止めた。「長くいい脚を使うフィジカル面とタフな精神力」が強みだ。

 今回も間隔を空けて臨むG1の舞台。「一回一回しっかり走るタイプで、休み明けから高いパフォーマンスレベルで走れている」。阪神JFを勝った時点で、指揮官は桜花賞直行を決断した。

 今では多くの陣営が取り入れる栗東滞在。レース直前に長距離輸送がなく、直前の調教を控える必要がないことを挙げた上で、今回は「早い段階から環境に慣れて落ち着きがある」と2回目だからこそ、得られた効果を感じ取る。

 「G1を取れる馬は、ここまで踏み込んだトレーニングをしても大丈夫という素晴らしい経験」をしたという黒岩師。前走時の栗東・CWコースでの追い切りは、最終も含めて3回。この中間は3月20、24、27日に6ハロン82秒台をマークし、既にCWコースで4回の時計を出している。調教の強度を上げても、へこたれる様子はなく「3歳になっても成長できている」と評価する。

 父はスピードタイプのダイワメジャー。阪神JFと同じ舞台で行われる桜花賞に懸ける指揮官の思いは当然強い。「マイルはすごく上手に走れるし、阪神1600メートルは力を発揮しやすい舞台。ここはしっかり取りたいと思っている」。再び先頭でゴールを駆け抜けた時、歴代の名牝に肩を並べることになる。(浅子 祐貴)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。