2年目の19歳佐々木大輔騎手 函館リーディングへこれからが正念場

函館リーディングを狙える佐々木大輔騎手
函館リーディングを狙える佐々木大輔騎手

 佐々木大輔騎手=美浦・菊川正達厩舎=の勢いが止まらない。先週7月1日、2日で6勝と見事な固め打ちを見せ14勝とし、2位の藤岡佑介騎手に2勝差をつけて堂々の函館リーディングに立った。函館を主戦場とし、全国リーディングでも上位に名を連ねる横山武史騎手や鮫島克駿騎手、武豊騎手などそうそうたるジョッキーを2年目の19歳が上回っているのだから、自然と応援したくなる。

 ガシガシと馬を動かし、追う動作から豪快な性格の印象を受けるが、普段、美浦トレセンで会話をするとまるで違う。くりくりの目に、おっとりとした語り口。「何で勝っているのか分からないんです」などジョークも交えながら、かなり人懐っこい性格をしている。4月の福島で最低15番人気のヴィブラフォンで勝った際には、次のレースの取材で検量室前に待機していた私にわざわざ近づいて「最低人気だったらしいですね~。少し自信あったんですよ。取りました?」と屈託のない笑顔を浮かべた。もちろん馬券は取れなかったが本当に憎めない若手だ。

 函館での騎乗依頼は非常に多く、全12レースで依頼を受ける日もある。関係者の信頼が厚い、期待の表れだ。函館開催も残り2週でこれからが正念場。アドバンテージを生かし、トップジョッキーたちとこれまで以上に渡り合って欲しい。(中央競馬担当・石行 佑介)

<デビュー2年目騎手の一覧とJRA通算勝利>※7月2日現在

今村 聖奈(栗東・寺島厩舎)  68

角田 大河(栗東・石橋厩舎)  57

佐々木大輔(美浦・菊川厩舎)  42

西塚 洸二(美浦・フリー)   18

小牧加矢太(栗東・音無厩舎)  17

鷲頭 虎太(栗東・千田厩舎)  10

水沼 元輝(美浦・加藤和厩舎)  6

大久保友雅(栗東・フリー)    3

川端 海翼(栗東・フリー)    2

土田 真翔(美浦・尾形厩舎)   1

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。