【北九州記念展望】スピード上位のモズメイメイが中心

北九州記念の登録馬。※騎手は想定
北九州記念の登録馬。※騎手は想定

 第58回北九州記念・G3が8月20日、小倉の芝1200メートルで行われる。

 モズメイメイ(牝3歳、栗東・音無秀孝厩舎)のスピードを上位に取る。のちの桜花賞2、3着コナコースト、ペリファーニアを抑え込んだチューリップ賞、抜群のスタートから逃げ切り、重賞2勝目を挙げた葵ステークス。桜花賞こそ13着に敗れたが、重賞通用の速力は、このメンバーに入っても最右翼。小倉も向きそうなだけに、重賞3勝目のチャンス濃厚。

 2勝クラス、3勝クラス連勝のデュガ(牡4歳、栗東・森秀行厩舎)に重賞級の相。前走のバーデンバーデンCは、荒れた内めを通りながら、直線インを一気差し。計り知れないスケール感をアピールした。復調した今なら地力は劣らない。

 小倉で新馬、小倉2歳S連勝のロンドンプラン(牡3歳、栗東・宮本博厩舎)は得意舞台で復権の走りを見せるか。

 高松宮記念3着、CBC賞4着のトゥラヴェスーラ(牡8歳、栗東・高橋康之厩舎)は一瞬の脚を小倉でどう生かすか。昨年の覇者ボンボヤージ(牝6歳、栗東・梅田智之厩舎)は、復調に手間取っているが、この条件ならマークが必要。

 CBC賞1着、2着ジャスパークローネ(牡4歳、栗東・森秀行厩舎)、サンキューユウガ(牡7歳、栗東・西村真幸厩舎)、福島テレビオープンを勝ったスマートリアン(牝6歳、栗東・石橋守厩舎)、昨年小倉で行われたCBC優勝のテイエムスパーダ(牝4歳、栗東・木原一良厩舎)、安土城S1着ママコチャ(牝4歳、栗東・池江泰寿厩舎)、2年連続アイビスSD3着のスピード自慢ロードベイリーフ(牡6歳、栗東・森田直行厩舎)もエントリー。(大上 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。