【菊花賞・玉木の特注馬】ショウナンバシットが不気味 陣営「使ってグンと良くなってる」

ショウナンバシット
ショウナンバシット

◆第84回菊花賞・G1(10月22日、京都・芝3000メートル)

 皐月賞では馬場が悪いインを追い上げ、5着に粘ったショウナンバシット(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎、父シルバーステート)。その後のダービー、神戸新聞杯は暑さが影響して本調子を欠いていた印象だが、10月12日の1週前追い切りが抜群で急上昇を示している。

 Mデムーロ騎手が騎乗して、珍しく単走で栗東・CWコースを81秒1―11秒6と、6ハロンで自身2位タイの好時計をマーク。いつもは併せ馬の相手に合わせて自分のタイミングで加速できなかったが、この日はのびのびと、実に素軽いフットワークで、過去イチを思わせる素晴らしい動きだった。

 担当の榎本助手も「使ってグンと良くなってるし、ここまでは思い通りにきた。距離さえ大丈夫ならアッと言わせられるはず!」と力強い。その3000メートルに関しても「初めて入厩した頃から、ずっと獣医さんが心臓を褒めてくれている」とスタミナがありそうで、侮れない一頭だ。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。