【報知杯FR・戸田の特注馬】シカゴスティングが僚馬に続く桜花賞切符を手に

シカゴスティング
シカゴスティング

◆第58回報知杯フィリーズレビュー・G2(3月10日、阪神・芝1400メートル=3着馬まで桜花賞の優先出走権)

 シカゴスティング(牝3歳、栗東・庄野靖志厩舎、父ロゴタイプ)がスウィープフィートに続く桜花賞への切符を手にする。2月28日の1週前追い切りは、チューリップ賞を制した僚馬と坂路で併せ馬。折り合いを重視するため、追走する形で1馬身ほど遅れたが、馬なりのまま53秒7―12秒0をマークした。

 「思っていたよりも折り合えていたし、最後の反応も良かった。ここまでスピードを生かす競馬が続いているのでタメが利けば」と狙いを明かした庄野調教師。前走の阪神JFは逃げて5着。「前走もいいところまで来ていたからね。2頭で桜花賞に行ければいいね」と意欲をにじませていたトレーナー。前走から1ハロンの距離短縮で速力を生かす。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。