【神戸新聞杯展望】日本ダービー3着のハーツコンチェルトが中心

神戸新聞杯の登録馬。※騎手は想定
神戸新聞杯の登録馬。※騎手は想定

 第71回神戸新聞杯・G2が9月24日、阪神の芝2400メートルで行われる。

 青葉賞2着、日本ダービー3着のハーツコンチェルト(牡3歳、美浦・武井亮厩舎)が主力。そのダービーはゴール前の激戦で首+鼻差。スタートでやや出遅れ後方からの立ち回りになったのが痛かった。父ハーツクライ譲りの持久力を備えており、菊花賞へ、楽しみが膨らむ戦いが期待できる。

 皐月賞3着馬のファントムシーフ(牡3歳、栗東・西村真幸厩舎)は左回りがベストの印象があるだけに、ここでどんな競馬ができるか。

 グレーターロンドン産駒の芦毛馬ナイトインロンドン(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)は現在3連勝中。夏の上がり馬がここを一気に突破して不思議はない。

 デビュー3連勝のロードデルレイ(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)、毎日杯勝ち馬のシーズンリッチ(牡3歳、美浦・久保田貴士厩舎)、京都新聞杯勝ち馬のサトノグランツ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)、皐月賞5着ショウナンバシット(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)も登録。(大上 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。