【アルテミスS・松末の特注馬】前回圧勝の大器チェルヴィニアはここも通過点

重賞初挑戦のチェルヴィニア
重賞初挑戦のチェルヴィニア

◆第12回アルテミスS・G3(10月28日、東京競馬場・芝1600メートル)

 チェルヴィニア(牝2歳、美浦・木村哲也厩舎、父ハービンジャー)にとって、ここは通過点とみている。

 新馬戦こそ2着だったが、ひと叩きされた前走では2番手から上がり3ハロン33秒0の末脚を駆使して2着以下を6馬身置き去りと、まったく寄せ付けなかった。思えば、新馬戦で0秒1の小差で敗れた相手はボンドガール。サウジアラビアRCでゴンバデカーブースに敗れたとはいえ、2着を確保したことを考えれば、世代一線級の能力は持ち合わせていると言っていい。

 母チェッキーノも新馬戦で2着に敗れた後、未勝利からフローラSまで3連勝し、オークスで2着に入っている。G級の素質と成長度をDNAに脈々と受け継いでいることは間違いない。同レースは、昨年のリバティアイランドを始め、ソダシ、サークルオブライフなど勝ち馬はのちにG1馬まで上り詰めている。能力通り走れば、ここから大舞台へステップを踏んでいくとみる。(松末 守司)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。