【阪神JF・角田の特注馬】“伝説の新馬戦”勝者ボンドガール、馬具効果で操作性アップ! G1で巻き返す

ボンドガール
ボンドガール

◆第75回阪神ジュベナイルフィリーズ・G1(12月10日、阪神・芝1600メートル)

 ボンドガール(牝2歳、美浦・手塚貴久厩舎、父ダイワメジャー)が虎視たんたんと巻き返しを狙っている。前走のサウジアラビアRCは牡馬相手に1番人気に支持されながらも、序盤に口を割って2着。懸念されていた気性の悪さが出てしまった。だが、競り落とした3着のシュトラウスが次走で東京スポーツ杯2歳Sを制しており、悲観する結果ではない。今回は1週前追い切りからリングハミに替えて折り合い面を対策。騎乗したトム・マーカンド騎手が「馬が気に入っているみたい」と話すように、操作性は着実にアップしている。

 なんといっても6月4日のデビュー戦は6着までが勝ち上がり、2、3着馬がのちに重賞Vと、すでに“伝説の新馬戦”などと話題になっているレース。上がり最速で制したボンドガールの能力は疑いようがない。世代最初のG1で堂々と勝ち名乗りを挙げる。(角田 晨)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。