新星サヨノネイチヤが5連勝で勝島王冠制覇

5連勝で勝島王冠を制し、重賞初制覇を飾ったサヨノネイチヤ(手前)
5連勝で勝島王冠を制し、重賞初制覇を飾ったサヨノネイチヤ(手前)

近親は有馬記念3年連続3着のナイスネイチャ

 第15回勝島王冠・S2は7日、大井競馬場で古馬15頭(ジョエルは出走取消)が1800メートルを争った。5番人気のサヨノネイチヤ(西啓太)がゴール直前でライトウォーリアを鼻差だけ差し切り優勝。破竹の5連勝で重賞初制覇を果たし、東京大賞典・G1(29日、大井)への優先出走権を獲得した。

 中団を追走してためた脚を、直線で爆発させたサヨノネイチヤ。外からぐいぐい前に迫り、先に抜け出した昨年の覇者ライトウォーリアを鼻差、差し切った。手に汗握る接戦も、「手応えから勝ったと思った」と手綱を執った西啓太。これでデビューから12戦10勝、2着2回。新星の重賞初制覇に「周りの馬というより、この馬のリズムを考えた。それで、外に持ち出せたらいいなと思っていた」とイメージ通りの競馬。「いつかは大きいところを獲れると思っていた。このメンバーで結果を出せてうれしい」と愛馬のタイトル奪取を喜んだ。

 ◇サヨノネイチヤ◇ 父ダノンレジェンド、母オムスビ(父オレハマッテルゼ)。小林・坂井英光厩舎所属の牡4歳。北海道浦河町・木村牧場の生産。通算12戦10勝。総収得賞金は4294万円。重賞初制覇。馬主は吉岡泰治氏。3代母ウラカワミユキの産駒に有馬記念3年連続3着のナイスネイチャがいる。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。