12月3日の馬トクふりかえり…馬トクのデータでプラス材料を見つけて馬券ゲット

 国内ダート王決定戦チャンピオンズカップは12月3日、中京競馬場のダート1800メートルで行われ、単勝1番人気で坂井瑠星騎手騎乗のレモンポップ(牡5歳、美浦・田中博康厩舎、父レモンドロップキッド)が優勝しました。

 勝利したレモンポップは馬トク指数1位で算出されていました。2着ウィルソンテソーロ、3着ドゥラエレーデは馬トク指数、激走指数とも低く算出されていましたが、買い材料のデータがありました。

 チャンピオンズカップは過去3走以内に70以上の指数を出している馬が好走する傾向です。2着ウィルソンテソーロは3走前、2走前の能力指数が70、71と好走条件を満たしていました。

 また、3着ドゥラエレーデは外厩ズームの赤文字馬に推奨されていました。

外厩ズームの赤文字馬とは

厩舎×放牧先×芝・ダート・障害のコース×帰厩何走目の成績が優秀な馬を表している。馬トク指数と激走指数が上位で馬名が赤字の馬は買い材料が揃っており、必ず買い目に入れた方がよい。

 馬券を的中させるためには、少しでも買い材料となるデータを持つ馬を見つけることが重要です。馬トクの様々のデータで穴馬を見つけましょう。

 勘や主観的なものに頼らず、客観的なデータを元に競馬を予想すると、的中率、回収率が大幅に改善します。激走データは馬トク激走コースで、展開データはAI展開コースご覧頂けます。ご購入は下記リンクから。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。