【マイルチャンピオンシップ展望】毎日王冠3着以来のシュネルマイスターが中心

マイルチャンピオンシップの登録馬。※騎手は想定
マイルチャンピオンシップの登録馬。※騎手は想定

 第40回マイルチャンピオンシップ・G1が11月19日、京都の芝1600メートルで行われる。

 毎日王冠3着以来のシュネルマイスター(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)が中心だ。その前走は休み明けでプラス10キロの馬体重。直線では前が詰まって、残り300メートルで外に切り替えるロスが痛かった。それでも凄まじい瞬発力を発揮して、鼻、鼻差の3着まで追い込んだ脚は本物。ルメール騎手は「いい脚を使ってくれました。普段より手応えが良く、すごくいい反応。次走が楽しみです」と笑顔で振り返った。京都のマイルは春のマイラーズC(1着)で攻略済み。過去2年、2着、5着のリベンジを果たす可能性は高い。

 昨年の覇者セリフォス(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)は春の安田記念2着以来の一戦。夏負けの影響で富士S始動の予定を白紙に戻し、ぶっつけで挑む。久々にコンビを組む川田騎手を背にした1週前追い切りでは栗東ウッドチップで抜群の切れ。帰厩後は、予定通りに調整は進んでおり、態勢は整いつつある。昨年の豪脚を見れば、狙いを下げるわけにはいかない。

 未勝利、1勝クラス、ラジオNIKKEI賞、毎日王冠4連勝と底を見せていない新星、エルトンバローズ(牡3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)、昨年4着で前走の京成杯AHで久々の勝利を飾ったソウルラッシュ(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)はモレイラとのコンビで楽しみ。

 昨年2着ダノンザキッド(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)、富士Sを勝ったナミュール(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)、同2着のレッドモンレーヴ(牡4歳、美浦・蛯名正義厩舎)は伸びしろ十分で馬券圏内突入も。(大上 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。