【大井・的場文男の奮闘努力】ジュディシャス(10R)は距離短縮でひと押し

的場文男騎手
的場文男騎手

◆大井1日目(12月4日)

 大井競馬場の砂が入れ替わって約1か月がたちました。変わらず重たい馬場です。内、外の差がないので、経済コースを通った馬が有利に運べそう。

 今日は3鞍に乗ります。まずは10R・ジュディシャスで、休み明けを2戦して良くなっているでしょう。1200メートルだと最後の200メートルで勢いが鈍くなるので距離短縮はいい方向に出てくれるはず。

 7R・アメアガリはデビュー2戦目の2歳馬。1回使って状態が上がっていると思います。外枠に入ったのは不利ですが、持ち味を引き出せれば。

 1R・カステルデルモンテは新馬戦で乗った時が2着でした。当時のように先行できれば、もう少し頑張れると思いますよ。

 【騎乗馬】

1R・カステルデルモンテC

7R・アメアガリA

10R・ジュディシャスC

(本紙評価)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。